2022年03月18日

雪割草パート2

_3271249b.jpg
posted by 生出道憲 at 08:24 | 雪割草

2022年03月17日

雪割草

_3271385b.jpg

新潟県は国内で最大の雪割草の生息地。雪割草は「県の草花」のシンボルに指定されている。

長く厳しい冬を乗り越えてきたたくましい生命力とは裏腹に、小さく可憐な姿は、春の訪れを誰よりも待っていた雪国の人の気持ちに、そっと寄り添う。
posted by 生出道憲 at 10:03 | 雪割草

梅の香

       _3301590b.jpg

見た目、肉厚そうな花びらに惹かれてシャッターを切った。お散歩しながら、目についたものをパッパッと撮る。スナップ写真は辻斬りのようなもの・・・と云った写真家がいたっけ。

ほのかに梅の香を感じながら男は去る・・・。
posted by 生出道憲 at 08:00 |

2022年03月16日

上を向いて・・・

_3111093b.jpg

少々花びらがくたびれた梅だったが、上向きに咲く健気な姿に思わずパチリ。
posted by 生出道憲 at 08:46 |

2022年03月14日

春光

_3291505b.jpg

そういえば・・・会津に住む前(35年くらい前かな)、花を見て美しいと感じたことはなかったように記憶している。花に限らず、自然風景にも興味はなかった。

あーあれから35年!(綾小路きみまろ風に) 人は変わるものなんだなぁ〜と。

毎年のように撮影している福寿草。これぞという写真は、まだない。
posted by 生出道憲 at 18:01 | フクジュソウ

2022年03月11日

_0105737b.jpg

木、そのものの形が良くないためだろうか、他に撮影している人は見かけたことがない。実に地味な梅の木。そんな木をしつこく撮影する初老の男性(笑)

全体像は良くないかもしれないが、一輪の花にグッと寄ってみると見えてくるものもあるのである。
posted by 生出道憲 at 19:29 |

2021年05月11日

只見川緑景

       _IMG0775b.jpg

標高差によって季節の差が味わえるのが、山国日本のいいところ。ほんの少し山の上から移動すれば新緑の眩しさを堪能できる。芽吹いたばかりの新緑は木々の種類によって微妙なトーンの違いを描いているが、数週間もすれば深緑一色になってしまう。
posted by 生出道憲 at 17:33 | 新緑

2021年05月09日

ツムジクラの滝

       _IMG0694b.jpg

「ツムジクラの滝」の周りは、すでに新緑に囲まれていた。山桜が辛うじて数輪の花びらを残していた。山桜が散れば季節は次のステージ。


posted by 生出道憲 at 20:37 |

2021年05月08日

早春の山

_IMG0724b.jpg

一昨日に撮影した那須の「駒止の滝」。山の斜面にうっすらと山桜が確認できるが新緑の芽吹きには、もう少し時間がかかりそうだ。
posted by 生出道憲 at 21:12 |

2021年05月06日

雪解け水

_IMG0667b.jpg

清冽な雪解け水が絶え間なく流れていた。手ですくって飲もうとしたが、あまりの冷たさに手を引っ込めた。はじめからカップを持参すればよかった。
posted by 生出道憲 at 18:27 | 渓流