2022年04月15日

水の旅

       _IMG2960b.jpg

福島市民の水瓶、摺上川ダムから勢いよく流れ落ちた水は、福島市瀬上で阿武隈川と合流する。その先、宮城県亘理町で太平洋へ辿り着き、世界一周の旅に出る。

ちょうど花見には最高の日和で、もし流れる水に心があるのなら、日本の、福島の花の美しさを、どうか世界に知らせてほしい。
posted by 生出道憲 at 17:34 |

2022年04月14日

ほんとうの空

                    _4100045b.jpg

智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山(あたたらやま)の山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。
あどけない空の話である。

高村光太郎著「智恵子抄」より引用


春特有の薄ぼんやりした空の下、残雪を抱く安達太良連峰、そして枝垂れ桜のピンクが眩いくらい輝いていた。
智恵子も見た安達太良山、時を経て、その美しく雄大な姿がいつまでも残りますように。そして、この山を見て美しいと思う心が、人々から消えませんように・・・。
posted by 生出道憲 at 19:02 |

2022年04月12日

春の雪

                    _IMG2818b.jpg

満開の桜に雪が積もった!春の雪は水分が多いので、細い枝はしなるので問題はないが、太い枝は荷重がかかり、折れてしまうことも。

この写真は数年前、二本松市の龍泉寺で撮影したもの。訪れた朝、無残にも折れてしまった太い幹の一部を、呆然と見ていた住職の顔が忘れられない。

自然の美しさと怖さを同時に見てしまった朝だった。
posted by 生出道憲 at 21:48 |

2022年04月06日

戸津辺の桜パート2

_IMG2565b.jpg

こちらが戸津辺の桜の全体像(一部切れているが・・・)。巨木などのスケールの大きいモチーフを、一枚の写真に収めようとするのは、いささか無謀なのかもしれない。

木に限らずだが、写真に写ったものは、実際自分の目で見た印象とは、相当に違うことを認識しておかないと、とんでもない事実誤認をすることがある(同じものを見たとしても、別の第三者は、自分とは全く違う認識をすることもあるが・・・)。

名取洋之助の「写真の読み方(初版本1963年)」をめくると、写真表現をする側、そして見る側の民度のありように、一石を投じているように感じるのである。
posted by 生出道憲 at 21:00 |

2022年04月05日

戸津辺の桜

       _4040035b.jpg

昨日、福島市で桜の開花が宣言された。例年より3日早く、昨年よりは10日遅いとのこと。いよいよ本格的な春が福島に到来した。福島市の宣言がされる前、県内でも、おそらく一番早く開花するのが矢祭町の戸津辺の桜。

昨日訪れたところ、七分から八分ほどの開花状況だった。全体像を撮るよりも、部分的なところに目が惹かれた。樹齢は600年を超えるエドヒガンザクラ。幹は6メーター以上の堂々とした風格だが、花をつける枝先は、ちょっとした風にも揺れるほど繊細。先端の蕾は、すでに開いたことだろう。
posted by 生出道憲 at 08:20 |

2021年04月30日

磐梯山と一本桜

_IMG0390b.jpg
posted by 生出道憲 at 08:36 |

2021年04月27日

妖艶枝垂桜part3

_IMG0486b.jpg
posted by 生出道憲 at 08:40 |

2021年04月26日

妖艶枝垂桜part2

_IMG0497b.jpg

長時間露光ゆえに、止まっている枝と風に揺られる枝がある。見方によっては、桜自らが枝を動かしている・・・とは見えないか(笑)
posted by 生出道憲 at 21:44 |

2021年04月25日

妖艶枝垂桜

_IMG0517b.jpg

やや見頃を過ぎた枝垂れ桜。太陽が高いと、花の劣化ぶりが目立つためか、撮影者はまばらであった。陽が山の向こう側へ隠れると、撮影しているのは僕一人である。
墓地という場所ゆえに、いろいろ緊張することもある・・・。それにしても枝垂れの真の姿を見るには、この時間帯を外してはならない・・・と思った。
posted by 生出道憲 at 19:09 |

2021年04月20日

山桜のイメージ

       _0202629b.jpg

山桜の楚々とした風情が好きである。ソメイヨシノが作られる前から、ひっそりと咲く姿は、きっと古人の心もつかんでいたことだろう。

ソメイヨシノはどんちゃん騒ぎの花見の席で、山桜は被毛線の上でのお茶会か。
posted by 生出道憲 at 19:07 |