2019年05月02日

山笑う

                    _IMG4085.jpg

里の桜が終わりに近づくと、山肌が少しずつ賑やかになってくる。人の手によって植えられた桜もいいのだが、僕はどちらかというと自然に生えている桜に親しみを覚える。緑が進むと、どれが桜だったかわからなくなる。花を付ける短い時間だけが、桜の存在を教えてくれる。
posted by 生出道憲 at 21:09 |