2017年04月03日

大きな樹の下で

_0022146.jpg

雪解けの進んだところには、黄色い春が眩しいほどに光を反射していた。こんな光景を見て思い出すのが、なぎら健壱が歌った「日輪(Hinawa)」だ。♪〜やがて 遠くの島の 小さな花になり かたわらの大きな杉を あなたと信じてみるわ・・・やがて 遠くの島の 大きな杉になり 足元の小さな花を お前と信じてみるさ〜♪ 
posted by 生出道憲 at 08:15 | フクジュソウ